工場内の遠隔監視が可能!
生産管理システム

アグリス®

複数の工場状況を端末1台から遠隔で確認可能。
生産工程のさまざまなデータを
相関的に監視することで
改善点を探り、生産効率アップへと導きます。

工場の生産管理で、
こんなお悩み、ありませんか?

  • 伝承が難しい機器操作について
    熟練者の持つノウハウを、
    数値で若手に伝えたい。

  • 自社工場は特殊機器が多いため、
    特注の監視システム
    高コストな印象があり踏み出せない…

  • 工場のさまざまな問題点
    特定し、 改善活動に繋げて
    生産効率を上げたい。

そのお悩み、
生産管理システムAGRiSが解消します!

AGRiS は、歩留り監視を主力とし、工場のライン上にあるさまざまな機器間の電力・圧力・レベル・振動など、メーカー・形式を問わずデータを統括・監視できるシステムです。従来の監視システムでは難しかった機器間のデータの相関性を直感的に把握できます。また、データロギングや警報システムを組み込み、各機器の過去の状況データとの比較で、機器異常の早期発見と改善が可能になります。

AGRiS の特長

  • 選別不良や機械異常の早期発見
  • 生産トレーサビリティーの確保
  • 改善による歩留り/稼働率向上
  • 熟練者の選別技術を数値伝承
  • 品質等のデータロギング
  • 警報システム

タイプ別AGRiSのご紹介

01

工場外から複数の工場を
端末1台で監視可能「AGRiS-A」

「AGRiS-Anywhere」は、各工場内の機器間のデータを光ファイバー等でAWS(Amazon Web Service)上に送信、そのデータを4G回線でタブレット等で確認できるクラウドタイプです。
1台以上の端末(タブレット)があれば、複数の工場内の状況を現場から離れた場所からでも監視できます。

02

工場内のFAPCで
監視・制御可能「AGRiS-L」

「AGRiS-Local」は、工場内の機器間のデータをイーサーネットで工場内のFAPCに送信、現場近くで確認できる工場内(ローカル)タイプです。
尚、工場間で社内インターネットがつながっていれば、AGRiS-Lでも複数の工場内の状況を監視できます。

統括制御盤
AGRiS-GOT

AGRiS-GOT を通じて、様々なデータの収集・分析、
ロット管理、トレンド監視、警報発令が可能となります

ビット信号 ドライ接点
アナログ信号各種 4〜20mA / 0〜5V / 0〜10V
ネットワークおよび伝送 CC-LINK / イーサーネット / CPU間ネットワーク/ シリアル通信(RS485,232)

※上記以外の信号も可能ですので、ご相談ください。

AGRiS システム構成例

AGRiS-AとAGRiS-Lの
2タイプ連携はもちろん
それぞれ単体での運用も可能

  • ※統括制御盤AGRiS-GOTの入力信号例:イーサーネット
  • ※AWS(Amazon Web Service)データへのアクセスは、パスワードとタブレットPCの個体番号により制限されます
  • ※タブレットPCは複数台の運用が可能です

AGRiS 表示画面例

データの相関関係を
直感的に把握・操作できる
グラフィカルな表示画面を実現

  • トレンド画面

    各データの数値・グラフ表示、
    歩留り・ロット進捗率・警報表示

  • 警報設定画面

    トレンドグラフを読み込み、
    直感的にレンジ操作

  • ロットデータ画面

    過去ロットとの比較、分析

  • 警報履歴画面

    異常発生時の選別状況を後から確認

AGRiSについて
詳しく知りたい

AGRiS について問い合わせる

AGRiSとの連携に最適!

本体一体型制御盤を持つ穀物流量計 AGRiS-GFM

GFM4000

最大流量 4,000kg/h

GFM4000Ex

最大流量 16,000kg/h

AGRiS-GFMについて
詳しく知りたい

よくある質問

AGRiSを使用した場合、トレーサビリティーはどういった対応が可能になりますか?
従来のトレーサビリティーは、原料と製品の単純な紐付けで、製品品質に問題が生じた際、どの工程に原因があるのかの追跡が困難なことが多いのではないでしょうか。AGRiSを使用したトレーサビリティーは、原料が製品となる過程が追跡可能となり、品質管理上大きなメリットがございます。
AGRiS-A でクラウド上にアップしたデータの流出に懸念があります。
AGRiS-Aは、システムにログインする場合にパスワードの入力の他、接続できる端末を番号で管理しておりますので、ご安心ください。
タブレットPCを見ていない時に異常が発生した場合、気づけないのでしょうか?
工場内のパトライトを点灯させたり、登録されたメールアドレスに異常発生を送信することも可能です。
特注のシステムとしなければ、工場の実態に合ったものにならないのではないか?
AGRiSは、データの処理方法とトレンド画面等のデザインを統一することで、システム開発費の負担を抑えております。一方で、機器の名称や歩留りの考え方、ロットの管理方法等は各々の工場の実態に合わせ、お客様のご要望に沿った形にアレンジすることが可能です。
選果場にも適用可能でしょうか?
良品・不良品数をカメラやセンサーを用いてカウントすることにより、毎分の処理数量をグラフ監視し、異常時の警報発令やロット管理を行うことが可能です。また、選別機から作動データ等の出力が可能であれば、それを用いてグラフ化することも可能です。
実際に自社の工場でテスト(デモ機)をやってみたいのですが?
はい。テスト用のデモ機を用意しておりますので、自社の工場でテストしてみたいというお客様には本体を無償でお貸し出ししております。スタッフにお気軽にお問合せ下さい。

AGRiS稼働までの流れ

  1. 01

    お問い合わせ

    まずはお気軽にご相談・お問合せください

  2. 02

    ヒアリング

    現地へ専用スタッフがお伺いさせて頂き、ご要望をお伺い致します。

  3. 03

    お見積り

    ご要望に沿ったご提案・お見積りをお出し致します。

  4. 04

    ご契約

    据付工事日などご相談下さい。

  5. 05

    設置・稼働

    専任のスタッフが機器を設置し、安全稼働をご確認いたします。

生産管理システム
AGRiS で
歩留り率アップへ!

AGRiS について問い合わせる

お電話でのお問い合わせ

平日 8:30 - 17:30

011-221-8181

TOP